groovers choice

GORILLAZ 『The Now Now』2018.06.29 ON SALE 2018.06.29

これは《現実を超越した存在》からの《我々の想像を超え始めた現実(今)》に対するメッセージである。
『Humanz』(2017年)から僅か1年のインターヴァルで発表される、最もピュアでプリミティヴな形に立ち返った問題作。

POLY LIFE MULTI SOUL (PCM 48kHz/24bit)
世界で最も成功を収めたヴァーチャル・バンド、ゴリラズ。
昨年2017年に7年振りとなるアルバム『ヒューマンズ』をリリースし、フジロックでもヘッドライナーを飾った彼らが、このタイミングで早くも待望のニュー・アルバム『ザ・ナウ・ナウ』を2018年6月29日(金)に全世界同時リリース。

今作はロンドンのスタジオ13で今年2018年2月にレコーディングが行われ、先行シングル「ヒューミリティー」、そして「Lake Zurich」の2曲を含む、全11曲収録。
プロデュースはゴリラズ、ジェイムス・フォード、そしてレミ・カバカという布陣だ。
昨年2017年にリリースされた前作『ヒューマンズ』では、メイヴィス・ステイプルズ、プシャ・T、D.R.A.M.等から、グレアム・コクソンやかつてのライバル、ノエル・ギャラガーに至るまで、豪華ゲスト・アーティストとのコラボレーションを多数披露し、その大作ぶりが話題となったが、今作『ザ・ナウ・ナウ』では原点に立ち返り、彼らのクリエイティヴの核心に迫ったアルバムとなっている。

心優しき青髪の2D(Vocal)、大阪出身の日本人ギタリスト、ヌードル(Guitar)、そしてNY出身のクールアメリカン、ラッセル・ホブス(Drums)は不動のメンバーとして参加。しかし今作はバンド始動時からのメンバー、マードックが一時的にバンドを離脱。2018年2月のThe BRIT Awards 2018にて、公開されたマードックからのビデオ・メッセージからは、彼が刑務所に収監された様子がみてとれるが、ピンチ・ヒッターの新メンバー(?)として、カートゥン・アニメのパワーパフガールズに登場する緑色の不良集団「ギャングリーン・ギャング(THE GANG GREEN GANG)」のキャラクター、エースがベースを務めることが明らかになった。現状、それ以外の公式情報が届いていないが、彼の登場により、バンドがどのように変化を遂げたのかが非常に興味深い。

バンドの中心人物であるジェイミー・ヒューレットが今回もディレクションを担当したファースト・シングル「ヒューミリティー」のミュージック・ビデオも公開されており、ローラー・スケートに乗った2Dとあの名俳優ジャック・ブラック(『スクール・オブ・ロック』他)が出演し、カリフォルニアのベニス・ビーチで全編撮影されたという爽やかなビデオに仕上がっている。
 
【プロフィール】
プロフィールイメージ

ヌードル(Guitar、大阪出身の日本人)
エース(Bass、新メンバー)
2D(Vocal、イギリス人)
ラッセル・ホブス(Drums、NY 出身のアメリカ人)
L to R

Gorillaz
ブラーのデーモン・アルバーンと、世界的なコミック・アーティスト、ジェイミー・ヒューレットによる≪架空のメンバー・キャラクターを作り上げ、音楽面をデーモンが、ヴィジュアル面をジェイミーが担当する≫という構成で活動を続けていく覆面プロジェクト。シンガーの2D、ギタリストのヌードル(Noodle)、ベーシストのマードック・ニカルス(Murdoc Niccals)、そしてドラマーのラッセル ・ホブス(Russel Hobbs)からなるカートゥーン・バンド。ギネスブックにも「最も成功した架空バンド」として認定されている。

2001 年にアルバム『ゴリラズ』でデビューし、シングル「クリント・イーストウッド」が大ヒット、アルバムは 1 年以上にわたってチャートインを記録、700 万枚(当時)を超えるセールスを叩き出し、MTV ヨーロッパ・ミュージック・アワードで「ベスト・ソング」と「ベスト・ダンス・アクト」の 2 部門を受賞。
2005 年にはセカンド『ディーモン・デイズ』を発表、デンジャー・マウスをプロデューサーに起用し、数多くのゲストを迎えて制作された今作は、全英チャート 1 位を記録、全米でもチャートの TOP 5 にランクイン、全世界で 800 万枚を超えるセールスを記録する。

「フィール・グッド・インク」や「デア」といったシングル・ヒットを放ち、MTV ヨーロッパ・ミュージック・アワードで「ベスト・グループ賞」を受賞した他、グラミー賞にも「レコード・オブ・ザ・イヤー」「最優秀ショート・ミュージック・ビデオ賞」のノミネートを受け、「最優秀ポップ・ヴォーカル・コラボレーション賞」を受賞、全世界的な人気を決定づけた。
2010 年にサード『プラスティック・ビーチ』を発表、前作を上回る豪華なゲスト陣が参加したこの作品は、全英チャート、全米チャート共に 2 位を記録、ブルース・ウィリスが出演し話題となった先行シングル「スタイロ」の PV は、YouTube 上で公開後 24 時間で 90 万回の再生数を記録し、当時の初日再生回数最高記録を更新した。
この作品で世界各国の大型フェスに参加し、のべ 40 万人以上のオーディエンスを前にパフォーマンスを披露していき、2010 年10 月から初のワールド・ツアーをスタートさせる。そのツアー中に iPad を使ってデーモンが制作した音源をアルバムとしてまとめた 4作目『ザ・フォール』を 2011 年 4 月に発表、同年 10 月には『ザ・シングルス・コレクション 2001-2011』を発表した。2017 年1 月、アメリカのトランプ米大統領就任式の前夜に「ハレルヤ・マネー(Feat. ベンジャミン・クレモンタイン)」が急遽公開されるなど話題を呼んだ。

アルバムリリース発表した翌日の 2017 年 3 月 24 日に、ロンドン某所にて、最新アルバム『Humanz』をフル再現するシークレット・ライブを行った。同年 6 月 10 日には、自身がヘッドライナーを務める主催フェス≪Damon Dayz Festival≫を開催。同年7 月には FUJI ROCK FESTIVAL2017 の初日の GREEN STAGE ヘッドライナーを務め、大きな話題を呼んだ。
 
Discography