groovers choice

日本が誇る史上最高のポップン・ソウル・バンド ノーナ・リーブスの最新作『未来』 2019.03.13
日本が誇る史上最高のポップン・ソウル・バンド ノーナ・リーブスの最新作『未来』
昨年デビュー20周年のアニバーサリーイヤーを迎えたノーナ・リーブス。
メンバーは第1線のミュージシャン、またプロデューサーとしての活動にさらに磨きがかかり
日本の音楽シーンに欠かせない存在となっている。
そんなノーナ・リ―ブスの通算16作目となるニュー・アルバム『未来』が配信!!
未来
未来
ノーナ・リーヴス
視聴 7:Go Home
 
Discography:カタログ作品一覧
プロフィール
1995年5月、西寺郷太が「ノーナ・リーヴス」名義での活動を開始。ほどなく早稲田大学で同じ音楽サークルに所属していた小松シゲル、奥田健介が加入。
1997年11月、ワーナーミュージック・ジャパンからメジャー・デビュー。ソウル、ファンク、80’sポップスなどに影響を受けた独自の音楽スタイルで、確かな支持を集めてきた。
現在ではメンバーそれぞれがバンド外でも活躍。西寺郷太は音楽プロデューサー、作詞作曲家、執筆、MCとして。奥田健介は作曲家、及びレキシや坂本真綾などのギタリストとして。小松シゲルは佐野元春、オリジナルラブ、YUKIなどのサポート・ドラマーとして活動。
メジャー・デビュー20周年を迎えた2017年、古巣ワーナーミュージック・ジャパンに復帰。3月にベスト・アルバム『POP’N SOUL 20~The Very Best of NONA REEVES~』、10月にはアルバム『MISSION』をリリース。
2019年3月13日には16枚目となるオリジナル・アルバム『未来』をリリース(オフィシャルページより)
メンバー
奥田健介 (Gt.)・西寺郷太 (Vo.)・小松シゲル (Dr.)
西寺郷太 Gota Nishidera
Produce, Song Writing & Vocal <プロデュース、作詞、作曲、ボーカル>
1973年東京生まれ京都育ち。早稲田大学在学時に結成したバンド『NONA REEVES』のシンガーであり、多くの楽曲で作詞・作曲も担当している。音楽プロデューサー、作詞・作曲家としては少年隊やSMAP、V6、YUKI、岡村靖幸、私立恵比寿中学などの多くの作品に携わる。また、ソロ・アーティスト、堂島孝平・藤井隆とのユニット「Smalll Boys」としても並行して活動。
そして、日本屈指の音楽研究家としても知られ、特にマイケル・ジャクソンをはじめとする80年代の洋楽に詳しく、これまでに数多くのライナーノーツを手がけ、近年では80年代音楽の伝承者として執筆した書籍の数々がベストセラーに。代表作に小説「噂のメロディー・メイカー」(扶桑社)、「プリンス論」(新潮新書)など。
テレビ・ラジオ出演、雑誌の連載などでも精力的に活動し、現在インターネット番組「ぷらすと×Paravi」にレギュラー出演中。

奥田健介 Kensuke Okuda
Produce, Song Writing, Guitar & Keyboards <プロデュース、作曲、ギター、キーボード>
1974年福岡生まれ、滋賀県大津育ち。早稲田大学商学部卒。
ノーナ・リーヴスのギター担当し、曲によりキーボード、ボーカルも担当する。幼少時より始めたピアノによって身につけたカラフルな和声感覚と、60's~現代のブリティッシュロックやブラックミュージックに対する愛着に基づいた、ソウルフルなギタリストとしてのアプローチで、バンド内におけるアレンジ面の中核を担っている。
近年はレキシ、堂島孝平、坂本真綾、空気公団、一十三十一等のライブサポートやレコーディング参加、土岐麻子、南波志帆、花澤香菜をはじめとする他アーティストへの楽曲提供・プロデュースなど、多岐に渡って活動中。

小松シゲル Shigeru Komatsu
Drums & Vocal <ドラム、ボーカル>
1972年生まれ、長野県飯山出身。
ふたりの姉の影響で12歳からドラムを始め、本格的にドラマーの道を目指す。早稲田大学在学中にノーナ・リーヴスに加入。近年はそのタイトでエネルギッシュなスタイルから様々なライブ、レコーディングセッション等で活躍中。自身のバンド、ノーナ・リーヴスでは、ボーカルを担当する曲もあり、ライブ中のコーラスワークも魅力のひとつ。
2011年にはYUKIのツアーでバンマスを務め、また佐野元春&コヨーテ・バンドのドラマーでもある。セッションドラマーとして堂島孝平、中田裕二、YO-KING等数々のレコーディングやツアーにも参加している。

(オフィシャルページより)
Roots:ノーナ・リーブスが影響を受けたアーティストの作品
Cover:ノーナ・リーブスがカバーしてきたオリジナル・アーティストの作品
Feeling:ノーナ・リーブスを聴いて感じる様々なアーティストの作品
Follower:ソウルフルでファンキー、そしてダンサブル。ノーナ・リーブスと同じテイストを持つアーティストの作品