groovers choice

J-AORの雄”安部恭弘”初期4作品がハイレゾで配信!! 2019.03.27
J-AORの雄”安部恭弘”初期4作品がハイレゾで配信!!
安部恭弘(アベ ヤスヒロ)プロフィール:
1956年1月13日生まれ 東京都文京区本郷出身。
早稲田大学・理工学部建築学科に在籍時より、ヤマハポピュラーソングコンテストを通じて知り合った杉真理、竹内まりや等と音楽活動を共にする。
大学卒業後、一時建設会社に籍を置くが、再び音楽の道を歩み始める。
レコーディングやライヴでのコーラスを担当しながら、クリスタルキング、大橋純子、竹内まりや(『五線紙』)、稲垣潤一(『ロング・バージョン』)等へ作品を提供。

1982年11月1日シングル『We Got It ! /裸足のバレリーナ』で東芝EMI(現・ユニバーサル ミュージック)よりデビュー。横浜ゴム・アスペックタイヤ(『CAFE FLAMINGO 』『 STILL I LOVE YOU 』ほか)、日産スカイライン(『 Double Imagination 』)、ロッテ・ビッグコーン(『 SHO-NEN 』)等のCMタイアップや、フジテレビ系木曜ドラマシリーズの主題歌(『 テネシー・ワルツ 』)に楽曲が使用される。
以後、1995年までにシングル16枚、オリジナル・アルバム11枚を発表。

’90年代半ばからは鈴木雅之等への楽曲提供の一方で中島ちあき、チン☆パラ等、アーティストのプロデュースを手掛ける。
また、1999年には旧知の間柄である村田和人、鈴木雄大、伊豆田洋之とともにユニット“A,M,S&I ”を結成し、アルバムをリリース。
2002年には7年ぶりのオリジナルCD「4 New Comer 」(ミニ・アルバム)を発表。
その後も翌2003年にかけて、「 HEAVEN ROSES 」「 CHRONICLE 」を“ミニ・アルバム三部作”としてリリース。

デビューから25周年を迎えた2007年初頭から企画を立ち上げ、12月12日にアニバーサリー・アイテム「 I LOVE YOU – 25th Anniversary of Yasuhiro Abe -」(CD三枚組/DVDのボックス仕様)をリリース。
2015年10月4日、20年ぶりとなるフルアルバム『Time is』をリリース。

(メーカーインフォメーションより)

80年代、都会的でメロウなポップ・ソングを生み出してきたシンガーソングライター安部恭弘の初期4作品のアルバムがハイレゾで配信!!
安部恭弘は、1980年代に活躍したシティ・ポップのアーティストたちと共に「ニューウェーブ4人衆」(稲垣潤一安部恭弘鈴木雄大井上鑑)の一人と呼ばれ注目を浴びていました。
そして自身の活動の他、稲垣潤一竹内まりや大橋純子クリスタルキングといったアーティストに楽曲を提供しヒット曲を生み出してきました。
またギタリストとしての腕前も高く、初期小田和正のソロ・ツアーにも参加、プレイヤーとしての実力も高いアーティストです。
安部恭弘が生み出したヒットした楽曲の多くは、当時YOKOHAMAタイヤのTVCMソングに起用され、多くのクルマ好きの間ではドライブ・ソングとしても人気を博しました。
アルバム『Hold Me Tight』より「We Got It!」、「Cafe Framingo」、『SLIT』から「トパーズ色の月」など

その他、YOKOHAMAタイヤのCMタイアップソングとしては・・・
Reflections
Reflections
寺尾 聰
視聴 6:SHADOW CITY
大ヒット曲となった「ルビーの指環」を収録したアルバムより「SHADOW CITY」、「出航 SASURAI」といった楽曲が起用されていました。
 
PROPHETIC DREAM-予言者の夢
PROPHETIC DREAM-予言者の夢
井上 鑑
視聴 9:GRAVITATIONS
本アルバムからは「GRAVITATIONS」、「レティシア」がTVCM曲に起用されていました。
 
男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES-
男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES-
稲垣潤一
視聴 11:ドラマティック・レイン
オリジナル楽曲のハイレゾがありませんが「ドラマティック・レイン」(本楽曲は中森明菜とのデュエット)
 
都会的でオシャレなサウンドをバックに、レーシングカーや今でも人気の高いBMWやメルセデス、ポルシェでニキ・ラウダ、ポール・フレール、ロビン・ハードといったトップレーシング ドライバーがハンドルを握る映像は、当時の男性達の憧れとなりました。
関連特集
昭和の時代のJ-AOR/シティポップ
■ 昭和の時代のJ-AOR/シティポップ
昭和の時代のJ-AOR/シティポップ
■ 平成のシティポップ特集