groovers choice

120 YEARS DEUTSCHE GRAMMOPHON THE TOKYO GALA CONCERT 2019.01.01
きっと、ずっと語り継がれる日本で起きた、奇跡の一夜。
120 YEARS DEUTSCHE GRAMMOPHON THE TOKYO GALA CONCERT

指揮中の小澤征爾
©︎Ryota Mori
120 YEARS DEUTSCHE GRAMMOPHON THE TOKYO GALA CONCERT
SEIJI OZAWA・ANNE-SOPHIE MUTTER・DIEGO MATHEUZ・SAITO KINEN ORCHESTRA

円盤式蓄音機(現在のレコードの原型)を発明し、特許を取得したドイツ出身のアメリカ人エミール・ベルリナーが1898年に創立した世界最古のクラシック・レーベル=ドイツ・グラモフォン。創立120周年を迎えた2018年、世界中で記念コンサートを開催しているDGが日本でも実施したコンサートが音源化!

出演アーティストは、1970年代から数多くの名盤をDGに残してきた指揮者、小澤征爾と、14歳でデビューを果たして以来、同レーベルのみならずクラシック界を代表するヴァイオリニストとして活躍するアンネ=ゾフィー・ムター、オーケストラは日本の代表的な音楽学校である桐朋学園の創設者のひとりであり、偉大な教育者であった故齋藤秀雄教授の没後10年にあたる1984年に、彼の弟子である小澤征爾の発案により結成されたサイトウ・キネン・オーケストラ、そしてそのサイトウ・キネン・オーケストラを過去3度に渡りゲスト・コンダクターとして指揮し、国内外で高い人気を誇るベネズエラ出身の指揮者ディエゴ・マテウス。

アンネ=ゾフィー・ムターは、小澤征爾が長年薫陶を受け、“楽壇の帝王”と称された偉大な指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンに見出され、その縁で、2人は過去にレコーディングや数多くのコンサートで共演を果たしてきました。しかし小澤征爾率いるサイトウ・キネン・オーケストラと共演するのは今回が初!
日本を代表するオーケストラとして世界に名高いサイトウ・キネン・オーケストラですが、サントリーホールで演奏するのは今回が初!また東京で演奏するのも17年11ヶ月ぶりという貴重なコンサート音源です。

小澤征爾とアンネ=ゾフィー・ムターが共演する楽曲はヴァイオリンの独奏とオーケストラによる協奏的な楽曲の中でも、世界中のクラシック・ファンの間でとりわけ人気が高く、また実写映画化やアニメ化で話題を呼んだ人気漫画『四月は君の嘘』でも取り上げられたことで、幅広い層に親しまれているサン=サーンスの「序奏とロンド・カプリチオーソ」!
 
【期間限定購入者特典付き】
購入者特典として、ブックレットをプレゼント!
小澤征爾と親交がある日本を代表する小説家、村上春樹氏のライナーノート掲載!

アルバムご購入の方全員にメールにてご送付いたします。
ご購入の時間帯によっては、送付までにおよそ1~2営業日程度いただく場合がございます。
ご了承ください。
※2019年1月31日23:59ご購入(ご決済)までの期間限定特典です。
【プロフィール】
プロフィールイメージ
©︎Shintaro Shiratori
小澤征爾
1935年、中国のシャンヤン(旧奉天)生まれ。幼いころからピアノを学び、桐朋学園で齋藤秀雄に指揮を学ぶ。59年、仏ブザンソン指揮者コンクールで第1位を獲得。シャルル・ミュンシュの他、カラヤン、バーンスタインに師事。ニューヨーク・フィル副指揮者、サンフランシスコ響音楽監督などを経て、73年にボストン交響楽団の第13代音楽監督に就任。米国オーケストラ史上でも異例の29年という長期にわたって務め、オーケストラの評価を国際的に高めた。2002年秋には、ウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任、2010年春まで務めた。

日本においては、サイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)を恩師齋藤秀雄を偲んで1984年に組織。92年より、国際的音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本(現セイジ・オザワ 松本フェスティバル)」へと発展させ、総監督に就任(~継続中)。
小澤国際室内楽アカデミー奥志賀、小澤征爾音楽塾、Seiji Ozawa International Academy Switzerlandを設立し、若手演奏家の教育活動にも力を注いでいる。水戸室内管弦楽団の総監督を務めると共に、2013年からは水戸芸術館館長も務める。
小澤征爾 関連作品はこちら