groovers choice

今、最も注目されている日本人ドラマー/クリエイター、mabanuaが手掛けた作品を特集!! 2018.03.07
mabanua (マバヌア)
今、最も注目されている日本人ドラマー/クリエイター、mabanuaが手掛けた作品を特集!!
ドラマー/ビートメーカー/シンガーという他に類を見ないスタイルが話題の日本人クリエイター。
全ての楽器を自ら演奏し、ブラックミュージックのフィルターを通しながらもジャンルに捉われない音創りが世界中から絶賛される。

Ovallのメンバーとしても活動、FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONICなど多数の大型フェスに出演。

2ndソロアルバム『only the facts』はiTunesで1位を記録するなどロングヒットを記録。

Ovall活動休止後、Chara、Gotch (ASIAN KUNG-FU GENERATION)、矢野顕子、くるり、RHYMESTER、ゆず、大橋トリオ、米津玄師、安藤裕子、SKY-HI (AAA)、SALU、Awesome City Club、Sick Team、DEAN FUJIOKA、藤原さくら、尾崎裕哉、秦基博、菅野よう子、福原美穂、BENI、Eshe (Arrested Development)、一十三十一などのプロデューサー、ドラマー、リミキサーとして活動。

また、Google、キユーピー、ユニクロ、SONY等のCMやテレビアニメ「坂道のアポロン」「スペース☆ダンディ」などの楽曲を制作。Toro Y Moi、Chet Fakerなど海外アーティストのオープニングアクトやHennessy artistryでおこなわれたMadlibとの即興セッションも話題になる。
U-zhaan × mabanua、Green Butter (budamunk × mabanua) などのユニットでも活動。

現在 3rdアルバムを制作中。
最も注目されている日本人ドラマー/クリエイター。

■Offical Siteはこちらへ
Dreamin'
Dreamin'
Hanah Spring
Track10「ほほにキスして」:Composition
ALBUMレコーディングには前作と同様に、ギタリスト「SATOSHI YOSHIDA」とベーシスト「SOKUSAI」、MISIAのバックメンバーでもあるドラム「TOMO Kanno」、「Yuji Ohno & Lupintic Six」を始め活躍中のキーボーディスト「Jun Miyakawa」といった気鋭のミュージシャンが参加。トラック制作には、HIPHOP界の重鎮である「MURO」や「DJ HAZIME」やジャンルを問わず活躍中の「mabanua」も参加し、現在進行系の和製SOUL MUSICが詰まった渾身の作品。
 
The Moon
The Moon
藤原さくら
Track1 「The Moon」:Arrangement
アニメ映画コードギアス 劇場3部作より、2018年2月公開の第2部、『コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)』主題歌として書き下ろされた楽曲。
 
PLAY
PLAY
藤原さくら
Track7「Sakura」Track8「Necklace」:Drums
ヒロイン役として出演したフジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」主題歌「Soup」、同劇中歌「好きよ 好きよ 好きよ」(作詞・作曲:福山雅治)に加え、「Someday」(BSフジ「ポンキッキーズ」エンディングテーマ)、「春の歌」(映画『3月のライオン』後編主題歌)他新曲含め全12曲収録の2ndフルアルバム。
 
good morning
good morning
藤原さくら
Track3「I wanna go out」Track9「Give me a break」:Produce
先行配信曲“「かわいい」” “BABY”を含む全11曲収録。前作に続き、エッジの効いたプロデューサー陣による多彩なアプローチで構築されたサウンドプロダクツと天性のスモーキーヴォイスが光る待望のメジャーファーストフルアルバム。
 
■藤原さくらの全作品はこちらへ
Message (PCM 48kHz/24bit)
Message (PCM 48kHz/24bit)
DATS
Track3「Heart(mabanua remix)」:Remix
フジロックフェスティバル '17では、レッド・マーキーに出演し、その圧倒的なライブ・パフォーマンスが各方面から高い評価を獲得。また、そのルックスからファッション・アイコンとしても注目を集め、ファッション誌やカルチャー誌でモデルを務める他、UNDERCOVERのパーティではillionやYogee New Wavesらと共に出演し大きな話題を集める中、待望の新作EPが完成!ライブのハイライト曲としてファンの間で音源化が熱望されている新曲「Heart」や、そのmabanuaリミックスを含む全3曲収録。
 
ダンサブル
ダンサブル
RHYMESTER
Track2「Future Is Born feat. mabanua」:Produce & Vocal
前作から約2年ぶりの2017年ニューアルバムは、KIRINJI・mabanua・サイプレス上野など豪華アーティストを迎え、フィジカルに強烈に訴えかける「踊れる」ヒップホップアルバム!テレビ東京 ドラマ25「SR サイタマノラッパー~マイクの細道~」オープニングテーマとして起用された「マイクの細道」を含む全10曲入り。
 
■RHYMESTERの全作品はこちらへ
life ep
life ep
iri
Track5「会いたいわ」:Produce
ジャパニーズ・ヒップホップの新機軸を打ち立てた、唯一無二のカリスマラッパー/ トラックメイカーの5lack が、客演、詞曲、ビートメイクで全面プロデュースした楽曲のほか、ケンモチヒデフミ、mabanua など豪華トラックメイカーが参加。
 
Groove it
Groove it
iri
Track4「ナイトグルーヴ」:Arrangement
洗練された都会的なビートに、メロディアスなヴォーカルが絡む「rhythm」や、2016年なシンセサウンドにシティポップを感じる「ナイトグルーヴ」、情緒溢れるアーバンなダンストラックの「半疑じゃない」、アンビエントでチルウェイブ的サウンドに恋愛感情を描写した「フェイバリット女子」など、作品全体を通じてリヴァービーなヴォーカルで独特の符割りと洗練されたサウンドがリスナーを魅了する1stアルバム。
 
■iriの全作品はこちらへ
4YU
4YU
さかいゆう
Track1「SO RUN」:Produce & Drums
Track7「サマーアゲイン」Track8「SELFISH JUSTICE」Track10「愛は微熱」:Drums
前作から約2年ぶり4枚目のオリジナルアルバムは、ポップス・R&B・JAZZ・エレクトロ等、多彩な音楽ジャンルを詰めこんだ“さかいゆうミュージック”の集大成! 作詞には森雪之丞、西寺郷太 (NONA REEVES)、アレンジには蔦屋好位置、Avec Avec、mabanuaなど豪華ミュージシャンも参加。MVに早見あかりが主演した事で話題のバラード「ジャスミン」(6th Single)、J-WAVE 冬のキャンペーンソング「Doki Doki」、1st EPとしてリリースしたアップナンバー「サマーアゲイン」など全11曲収録!
 
サマーアゲインEP
サマーアゲインEP
さかいゆう
Track1「サマーアゲイン」Track2「あの夏の僕にグッバイ」Track3「Headphone Girl」:Drums
Track4「時季(とき)は巡る (Remix at big turtle STUDIOS)」:Drums & Percussions
表題曲「サマーアゲイン」を含む新曲3曲に加え、ヒット・シングル「薔薇とローズ」(三菱自動車eKワゴン TVCMソング)、開業100年 東京駅短編アニメーション『時季は巡る~TOKYO STATION~』主題歌「時季は巡る」の別バージョンも収録!
 
■さかいゆうの全作品はこちらへ
頂き物
頂き物
安藤裕子
Track1「Silk Road」:Drums
アルバムタイトルの “頂き物”が示す通り、今作は安藤裕子と親交のある素敵なアーティストが書き下ろした楽曲で綴られる、バラエティに富んだ宝箱のようなアルバム。楽曲提供アーティストは、スキマスイッチ・TK from 凛として時雨・堀込泰行、Chara・sébuhiroko・DJみそしるとMCごはん、大塚 愛・小谷美紗子・峯田和伸(銀杏BOYZ)。
 
■安藤裕子の全作品はこちらへ
Awesome City Tracks 3
Awesome City Tracks 3
Awesome City Club
Track3「Vampire」:Produce
2015年最注目新人のひとつとしてデビューした男女混成5人組ポップ・バンドAwesome City Club(通称ACC)の3rdアルバム。
これまで通りメンバーのルーツでもあるブラックミュージックテイストを活かしつつ、打ち込みへの挑戦やストリングスなども起用。atagi / PORINという男女のツインボーカルの強みを活かした混声楽曲も制作。初のメンバーによるセルフプロデュース曲も多数収録されたポップサウンド!
 
Awesome City Tracks 2
Awesome City Tracks 2
Awesome City Club
All Tracks:Produce
シティ・ポップの旗手Awesome City Club の2ndアルバム!
前作『Awesome City Tracks』に引き続き、CHARA、Gotch (ASIAN KUNG-FU GENERATION)、くるり、大橋トリオをはじめとする様々なアーティストのプロデューサー・リミキサー・ツアードラマーとして活躍するmabanuaをプロデューサーに迎えて制作。
 
Awesome City Tracks
Awesome City Tracks
Awesome City Club
All Tracks:Produce
「シティポップ」シーンの中核を成すバンド「Awesome City Club」のファースト・アルバム!CHARA、Gotch (ASIAN KUNG-FU GENERATION)、くるり、大橋トリオをはじめとする様々なアーティストのプロデューサー・リミキサー・ツアードラマーとして活躍するmabanuaをプロデューサーに迎えて制作。
 
■Awesome City Clubの全作品はこちらへ
I wanna be 戸渡 陽太
I wanna be 戸渡 陽太
戸渡陽太
Track1「Beautiful Day」:Produce
Track2「Sydney」Track10「すべては風の中に」:Music Video 出演
東京スカパラダイスオーケストラのレーベル"JUSTA RECORD"からのメジャーデビューアルバム!楽曲プロデュースに深沼元昭、mabanua、高桑圭(Curly Giraffe)、阿部芙蓉美、レコーディングミュージシャンに茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ)、白根賢一(GREAT 3) 、渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)といった錚々たるアーティストを迎えて制作。またインディーズ時代、iTunes NEW ARTISTスポットライト2015に選出された楽曲や数々のFMパワープレイを獲得した楽曲達もリマスターで収録。アーティスト・戸渡陽太の新たな魅力を開花させる作品が完成。
 
Welcome to Jupiter
Welcome to Jupiter
矢野 顕子
Track4「わたしとどうぶつと。」:Drums
矢野顕子プロデュース「オトナテクノ」第二弾!変幻自在のピアノ・テクノポップスの傑作。
矢野顕子がプロデュースする上質なテクノPOPS=「オトナテクノ」第二弾。
富田恵一、tofubeats、Seiho、AZUMA HITOMI、Ovall等、気鋭のアーティストを招集し、新曲に加え、自身の代表曲「PRAYER」や歴史的な名曲「Tong Poo」「モスラの歌」「颱風」などを独自の視点で変幻自在のピアノとテクノを融合したジャパンテクノ・ポップスの傑作。
 
■矢野顕子の全作品はこちらへ
ふたつの世界
ふたつの世界
くるり
Track1「ふたつの世界」:Drums
くるり初のアニメテーマ曲!NHK Eテレ アニメ『境界のRINNE』エンディングテーマ。
くるり初となるアニメテーマ曲は、現世と死界を行き来する原作のイメージをふたつの世界となぞらえた、ポップで軽快なラブソング。
 
■くるりの全作品はこちらへ
2.0.1.1. (PCM 48kHz/24bit)
2.0.1.1. (PCM 48kHz/24bit)
Kan Sano
Track5「Long Walk」
Track6「Come Closer」
Track8「Tenderness」
Track9「Fly Me to Your Heart」
Track10「地球へ feat. Marter」:Drums
Billy Joel、Alicia Keys、Ben Folds、Robert Glasper、GONZARES、Kan Sano!ジャンルを超え「ピアノ」でお馴染みのアーティスト達に肩を並べる程の名盤が2014年の日本から誕生!! クラブシーンからクラシックやポップスシーンまでをシームレスに渡り歩くKan Sanoの才能が凝縮! クラブカルチャーが根底にありつつも全てのジャンルを取り込み、1つのポップス作品として昇華!時代も場所を問わず誰もが聴けるエヴァーグリーンな名盤が誕生。