groovers choice

60th Annual GRAMMY Awards 2018.02.02

2018年1月28日にニューヨーク州ニューヨーク市のマディソン・スクエア・ガーデンにて授賞式が行われた第60回目のグラミー賞。
grooversで現在配信中、主要受賞作品とノミネート作品を紹介!!

Bruno Mars
 
視聴 That's What I Like
SONG OF THE YEAR、BEST R&B SONG、BEST R&B PERFORMANCE
受賞楽曲:「That's What I Like」
 
・RECORD OF THE YEAR
・ALBUM OF THE YEAR
・SONG OF THE YEAR
・BEST R&B PERFORMANCE
・BEST R&B SONG
・BEST R&B ALBUM
・BEST ENGINEERED ALBUM, NON-CLASSICAL
アレッシア・カーラ
 
視聴 Seventeen
You Tubeから注目を集め、今やテイラー・スウィフト、ドレイク、ロード等が絶賛するDef Jam超期待のフィメールR&Bシンガー・ソングライターとなったAlessia Caraのデビュー・アルバムがボーナス・トラック入りIntl盤で登場!
テイラー・スウィフトが大推薦!自らインタヴューし、「1989ツアー」ステージで共演!
有望新人アーティストの指標「BBC Sound of 2016」2位!全米ビルボード・チャートアルバムもシングルもTOP10入!
 
・BEST NEW ARTIST
Ed Sheeran
 
視聴 Shape Of You
受賞楽曲:「Shape Of You」
 
・BEST POP SOLO PERFORMANCE
・BEST POP VOCAL ALBUM
Portugal. The Man
 
視聴 Plastic Soldiers
アラスカが生んだ最狂のサイケデリック・ロック・バンド、ポルトガル・ザ・マン。
独自の音世界を自らの手で築き上げていた彼らが、デンジャー・マウスという最強のコラボレーターを得て到達した新たなインディー・ロックの境地!それが通算7作目となるニュー・アルバム『EVIL FRIENDS』!!
 
・BEST POP DUO/GROUP PERFORMANCE
Mastodon
 
視聴 Sultan’s Curse
受賞楽曲:「Sultan’s Curse」
 
・BEST METAL PERFORMANCE
The War On Drugs
 
視聴 Up All Night
2014年リリースの前作『Lost In The Dream』からおよそ3年半、名門アトランティックに移籍して初のニュー・アルバムが完成。
リード・シングル「ホールディング・オン」収録
この作品『ア・ディーパー・アンダスタンディング』について、アダムはこう語っている。
「このレコードを通して、自分が“違うヴァージョンの自分”に変化していくに気付いたのさ。そして、そのままでいるべきなのか、変わるとしたら自分にとって一番居心地がいいのは“どういう自分”なのかってことを理解したんだ。」
 
・BEST ROCK ALBUM
ザ・ウィークエンド
 
視聴 Starboy(feat. ダフト・パンク)
受賞楽曲:「Starboy」
 
・BEST URBAN CONTEMPORARY ALBUM
ザ・ローリング・ストーンズ
 
視聴 Just Your Fool
11年振り、ストーンズ待望の新作は、原点回帰のブルース・アルバム! 50年をかけて構想し、たったの3日でレコーディングされた作品。

●ザ・ローリング・ストーンズが、彼らのハート&ソウルでもあるブルースというルーツそして情熱に回帰した、実に11年振りとなるスタジオ・アルバムが登場!
●レコーディングされたのは昨年12月のたった3日間。若かりしストーンズがブルース・バンドとしてのキャリアをスタートさせたロンドン西部にあるブリティッシュ・グローヴ・スタジオにて、全曲オーバーダブなしに生演奏された衝動的な作品!
●偶然にも隣のスタジオでアルバムをレコーディングしていた旧友のエリック・クラプトンが2曲にゲスト参加。プロデュースはドン・ウォズとグリマー・ツインズ。
 
・BEST TRADITIONAL BLUES ALBUM
TajMo
 
視聴 Don't Leave Me Here
今のアメリカのブルース界を代表する2人のスーパー・コラボレーション!!

50年以上のキャリアを持つタジ・マハールと、20年以上のキャリアを持つケブ・モ。
ブルース・サウンドをベースに、フォーク、R&Bなど様々なエッセンスをスパイスに加えた、渋くエネルギッシュなアルバム。
ゲストには女性スライド・ギタリストの草分け的存在のボニー・レイット、 イーグルスのギタリストとして高い人気を博すジョー・ウォルッシュ、プリンス・ファミリーに参加しその名を知らしめたパーカッショニストのシーラ・E、そしてスピリチュアルな歌声が美しいリズ・ライトが参加。
 
・BEST CONTEMPORARY BLUES ALBUM
Various Artists
   
・BEST MUSICAL THEATER ALBUM
ヴァリアス・アーティスト
 
視聴 ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック)
観るもの全てが恋に落ちる、極上のミュージカル・エンターテインメントのオリジナル・サウンドトラック。
 
・BEST COMPILATION SOUNDTRACK FOR VISUAL MEDIA
ジャスティン・ハーウィッツ
   
・BEST SCORE SOUNDTRACK FOR VISUAL MEDIA
Randy Newman
 
視聴 Putin
受賞楽曲:「Putin」
 
・BEST ARRANGEMENT, INSTRUMENTS AND VOCALS
BEST POP SOLO PERFORMANCE
Meaning Of Life
Meaning Of Life
Kelly Clarkson
受賞楽曲:「Love So Soft」
BEST POP SOLO PERFORMANCE
BEST POP VOCAL ALBUM
Joanne
Joanne
レディー・ガガ
受賞楽曲:「Million Reasons」
BEST POP DUO/GROUP PERFORMANCE
BEST POP VOCAL ALBUM
Kaleidoscope EP
Kaleidoscope EP
Coldplay
受賞楽曲:「Something Just Like This」
BEST POP DUO/GROUP PERFORMANCE
BEST POP VOCAL ALBUM
Evolve
Evolve
イマジン・ドラゴンズ
受賞楽曲:「Thunder」
BEST TRADITIONAL POP VOCAL ALBUM
Nobody But Me (Deluxe Version)
Nobody But Me (Deluxe Version)
Michael Bublé
BEST POP VOCAL ALBUM
Lust For Life
Lust For Life
ラナ・デル・レイ
BEST DANCE RECORDING
BEST ALTERNATIVE MUSIC ALBUM
Humanz (Deluxe)
Humanz (Deluxe)
Gorillaz
受賞楽曲:「Andromeda」
BEST ROCK PERFORMANCE
A/B
A/B
Kaleo
BEST METAL PERFORMANCE
Forever
Forever
Code Orange
受賞楽曲:「Forever」
BEST R&B PERFORMANCE
SweetSexySavage
SweetSexySavage
Kehlani
受賞楽曲:「Distraction」
BEST R&B PERFORMANCE
BEST TRADITIONAL R&B PERFORMANCE
BEST R&B ALBUM
Let Love Rule
Let Love Rule
レデシー
受賞楽曲:「High」
BEST COUNTRY DUO/GROUP PERFORMANCE
Pawn Shop
Pawn Shop
Brothers Osborne
受賞楽曲:「It Ain't My Fault」
BEST COUNTRY DUO/GROUP PERFORMANCE
Welcome Home
Welcome Home
Zac Brown Band
受賞楽曲:「My Old Man」
BEST COUNTRY DUO/GROUP PERFORMANCE
BEST COUNTRY ALBUM
Heart Break
Heart Break
レディ・アンテベラム
受賞楽曲:「You Look Good」
BEST SCORE SOUNDTRACK FOR VISUAL MEDIA
Arrival(Original Motion Picture Soundtrack)(オリジナル・サウンドトラック)
Arrival(Original Motion Picture Soundtrack)(オリジナル・サウンドトラック)
ヨハン・ヨハンソン