groovers choice

WARNER 配信スタート!!! 2017.07.05
1ダウンロード Get 1ダウンロード Coupon!
期間中、ワーナーミュージックのキャンペーン対象作品のアルバムの中でダウンロードして頂いたお客様には、対象作品のアルバムが1枚ダウンロードできるクーポンをプレゼント!!
※対象のアルバムがダウンロードできるクーポンは、メールにてシリアル番号をお知らせ致します。
※クーポン発行のお知らせメールは、多少お時間を頂きます。
※クーポンの利用に関しては、キャンペーン対象外となります。
Astell&Kernの製品が抽選で計3様にプレゼント!!
期間中、ワーナーミュージックのキャンペーン対象作品のアルバムの中でダウンロードして頂いたお客様には、抽選で計3様にAstell&Kernの製品があたる!!
(クーポン利用に関しては、キャンペーン対象外となります)
※当選者には、弊社よりメールにてお知らせし、送り先住所、お名前、電話番号を伺います。
※当選者のお問い合わせは、お応えしかねますので、予めご了承ください。
※製品の発送にはお時間を頂きます。
景品:Astell&Kern KANN 1名様・Astell&Kern AK70 Mirage White 3名様・Michelle 3名様
 
Led Zeppelin IV (Remastered)
Close Window
Led Zeppelin
シングルカットされなかったものの、ハードロックの名曲として人気の高い「天国の階段」を収録。
1971年に発売された彼らの4作目で一番セールスを記録したアルバム。その他にもヒット人気曲「ブラック・ドッグ」「ロックン・ロール」を収録。
作品ページへ
 
Fragile
Close Window
Yes
イギリスのプログレッシヴロックバンド、イエスの4作目。ヒットシングル「Roundabout 」は、2012年テレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のエンディングテーマに使用されたことでロックファン以外にも高い人気を獲得している。
作品ページへ
 
Machine Head
Close Window
Deep Purple
1972年発表のディープ・パープル通算7作目、ハードロックの名盤中の名盤。
桑田圭祐もLIVEではよくカバーしてきた代表曲「Smoke On The Water」、「Highway Star」などを収録。
作品ページへ
 
The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars (2012 Remastered Version)
Close Window
David Bowie
1972年発表。デヴィッド・ボウイがロックスターとしての地位を不動のものにした名盤。
自らが異星からやってきた架空のスーパースター「ジギー」となり、ロックスターとしての成功からその没落までを描く物語を描いたコンセプトアルバム。
作品ページへ
 
Hotel California
Close Window
Eagles
1976年にリリースされたイーグルス5作目のアルバム。
70年代ウエストコーストロックの超名盤であり、イーグルスを代表する定番中の定番。
今まではカントリー色が強かったサウンドが、本作でポップ路線になり人気に火が付く。
作品ページへ
 
The Captain And Me
Close Window
The Doobie Brothers
ドゥービー・ブラザーズのサードアルバムで、「ロング・トレイン・ランニン」「チャイナ・グローヴ」などの大ヒット曲を収録!!
70年代のウエストコーストロックシーンにおいて、欠かすことのできない名盤。
作品ページへ
 
Deja Vu
Close Window
Crosby, Stills, Nash & Young
1970年に発表したCSN&Yのファースト・アルバムで、ウェストコースト・ロックの代表作。
ブルース、フォーク、カントリーテイストを感じるロックサウンドは、70年代のアメリカそのままである。
作品ページへ
 
Rumours
Close Window
Fleetwood Mac
リンジー・バッキンガム、スティーヴィー・ニックス、クリスティン・マクヴィーという3人のシンガー/ソングライターが交差する、ロック史に燦然と輝く金字塔といっていい名盤。
作品ページへ
 
The Nightfly
Close Window
Donald Fagen
Steely Danのヴォーカリスト兼マルチプレイヤー、ドナルド・フェーゲン初のソロ・アルバム。
1980年代を代表する作品でありAORの超名盤。初めて完全にデジタル録音で収録されたポップス作品として有名。
作品ページへ
 
Chicago 16
Close Window
Chicago
Chicagoにとって分岐点となったアルバム。
本アルバム以前はロバート・ラムのChicagoと言われるようなブラス・ロック・サウンドを打ち出していたが、AOR界の名プロデューサー、デヴィッド・フォスターを迎えた本作のような作品が以後のChicagoのイメージを決定付けていく。
作品ページへ
 
1984
Close Window
Van Halen
ハードロックからポップ・フィールドへ!
「ジャンプ」「パナマ」「ホット・フォー・ティーチャー」などヒット・シングルを連発。
華麗なるエディーのギター・テクニックを披露しつつも、シンセサイザーを多用したアルバム。
作品ページへ
 
Like A Virgin
Close Window
Madonna
現在もPOPアイコンの重鎮として、そしてスーパースターとして君臨し続けるマドンナにとって最高の大ヒット・アルバム。
タイトル曲を筆頭に「Material Girl」や「Dress You Up」といったシングルを収録。
作品ページへ
 
Low-life
Close Window
New Order
1985年に発表されたサード・アルバム。彼らの前身であるジョイ・ディヴィジョン色が薄まり、よりエレクトロ・ポップ色を強めたアルバム。以降、ヒット曲「The Perfect Kiss」のようなサウンドに方向を変えていく。
作品ページへ
 
Time And Again: The Ultimate a-ha
Close Window
a-ha
80年代MTV全盛期、アニメーションを駆使した映像で人気を博した大ヒット曲「Take On Me」などを収録した編集盤。
ヴォーカルのモートン・ハルケットのルックスに、当時の洋楽好き女子は熱狂!アイドル的人気を博した。
作品ページへ
 
The Smiths
Close Window
The Smiths
朗読的なヴォーカルと言われたモリッシーの歌声こそスミスの個性。そして時に突っ走るジョニー・マーのギターが魅力。
本作はデビュー・アルバムで、人気曲「Hand In Glove」 「This Charming Man」「What Difference Does It Make? 」を収録。
作品ページへ
 
Heartbeat City
Close Window
The Cars
80年代のMTV全盛期、ヴォーカル兼ギタリストのリック・オケイセックのキャラクターが印象的で、面白味のある映像が話題に。
そのインパクトも手伝って、本作品から5曲のシングル・ヒットを生み出し、彼らのアルバムの中で一番売れた作品。
作品ページへ
 
Powerslave [2015 Remastered Edition]
Close Window
Iron Maiden
攻撃的なギター、パンク的な疾走感、プログレッシブな展開で今もなお高い人気を博すイギリスを代表するヘビー・メタル・バンド、1984年発表の通算5作目。
本作で世界的にヒットし、成功を収めることなった。
作品ページへ
 
Skid Row
Close Window
Skid Row
ニュージャージー出身の5人組、1989年に発表されたハードロックの名盤。
ストレートなへヴィ・サウンドは、ロックの豪快さをシンプルに感じさせてくれる。
作品ページへ
 
Dookie
Close Window
Green Day
90年代、Off Springと共にメロコア・シーンを引率してきたGreen Dayのメジャー移籍第1弾にして、大ヒットとなったアルバム。パワフルでポップなメロディ、普段パンクを聴かない方でも聴きやすいアルバムになっている。
作品ページへ
 
...And Out Come The Wolves (20th Anniversary Re-Issue)
Close Window
Rancid
メロコア系のレーベルEpitaphより、ひと際王道のパンクサウンドで人気を集めた1枚。
ストレートなロックンロールが凝縮されたアルバム。
作品ページへ
 
Hybrid Theory
Close Window
Linkin Park
ストリートに響き渡る、破壊という名のメロディ。
ヘヴィ・ロック・シーンを震撼させるニュー・ヒーロー、リンキン・パーク 、2000年に発表されたデビュー・アルバム 。
作品ページへ
 
A Rush Of Blood To The Head
Close Window
Coldplay
イギリス出身の4人組ロック・バンドのセカンド・アルバムであり、本作のヒットでモンスター級のグループに成長を遂げた。
ピアノのリフが印象的な「Clocks」、バラード曲の「The Scientist」などを収録。
作品ページへ
 
The Black Parade
Close Window
My Chemical Romance
通称マイケミのサード・アルバム。
ヒット・シングル曲「Welcome To The Black Parade」は、 Led Zeppelinの「天国への階段」、Queenの「ボヘミアン・ラプソディ」のような展開。
某自動車のTVCMに起用された。
作品ページへ
 
Back To Bedlam
Close Window
James Blunt
イギリスの吟遊詩人/ストーリーテラーにして、稀代のメロディー・メーカー/シンガー・ソング・ライター、ジェイムス・ブラントのデビュー・アルバム。
全世界で大ヒットしたシングル「YOU‘RE BEAUTIFUL」を収録。
作品ページへ
 
How Did We Get So Dark?'
Close Window
Royal Blood
デビュー作で一躍シーンの中心へと躍進!
その類まれなるロック・センスをさらに開花させた待望のセカンド・アルバムを完成!!
うねるベース・リフと雷鳴の如く轟くリズム…
ブリティッシュ・ロックの正統な血を受け継ぐラウド・グルーヴィ・ロックに今こそ酔いしれろ!
作品ページへ
 
Green Onions
Close Window
Booker T & The MG's
1960年代、ウィルソン・ピケット、サム&デイヴといったSTAX系レーベルのバックバンドとして活躍。この時代のヒット・サウンドを支えてきた最重要バンド。タイトル曲はインストながら当時ビルボードポップチャートで3位を記録。
作品ページへ
 
The Dock Of The Bay
Close Window
Otis Redding
オーティスの名盤としては『Otis Blue』や『Live In Europe』が人気の高いアルバムだが、日本では某タバコメーカーのTVCM曲として使用された「The Dock Of The Bay」を収録している本作が一般的に馴染みやすい。
作品ページへ
 
Soul Finger
Close Window
Bar-Kays
オーティス・レディングとともに飛行機事故でメンバーのほとんどを失った悲劇のメンフィス・ソウル・バンド、バーケイズがオリジナル・メンバーで唯一残したアルバム。
タイトル曲は、R&Bチャート3位となったソウル・インストの金字塔である。
作品ページへ
 
Live At The Fillmore West
Close Window
Aretha Franklin
アレサ・フランクリンが1971年に発表したソウル・ライヴ・アルバムの名盤。
うねるグルーヴを生み出すキング・カーティス・バンドには、コーネル・デュプリー、ジェリー・ジェモット、バーナード・パーディーら名手が勢揃い。
作品ページへ
 
Live
Close Window
Donny Hathaway
ダニー・ハサウェイの歴史的傑作ライヴ・アルバム 。
マーヴィン・ゲイと並ぶニューソウル・サウンドは、極上にメロウ。コーネル・デュプリー、フィル・アップチャーチいったミュージシャンの演奏も素晴らしい。
作品ページへ
 
Killing Me Softly
Close Window
Roberta Flack
1973年、ロバータ・フラックの名を世界に知らしめた名作。
日本でもヒットした「Killing Me Softly With His Song(やさしく歌って)」は全米1位を獲得。
表情豊かなヴォーカル、ジャズテイストな楽曲はエヴァーグリーン。
作品ページへ
 
Risque
Close Window
Chic
現在のダンス・ミュージックに多大な影響を与え、様々な作品のプロデュース、ゲスト・ギタリストとして活躍中、ナイル・ロジャース率いるChic、1980年発表のアルバム。
心地良いリズムと軽快なギターカッティングを感じる作品。
作品ページへ
 
We Are Family
Close Window
Sister Sledge
フィラデルフィア出身の4人組による1979年に発表された大ヒット作。
Chicのナイル・ロジャーズ、バーナード・エドワーズの手腕によるディスコ・サウンドは、今なお世界のフロアで高い人気を維持している。
作品ページへ
 
Purple Rain Deluxe
Close Window
Prince
1984年、自身が主演した同名映画『パープル・レイン』のオリジナル・サウンドトラックとしてプリンス・アンド・ザ・レヴォリューション名義でリリースされたプリンスの代表作であり大ヒットアルバム。ヒットシングルも多数収録。
作品ページへ
 
I Feel For You
Close Window
Chaka Khan
1984年に発表、アリフ・マーディン、デヴィッド・フォスターというトップ・プロデューサーが手掛けた大ヒット・アルバム。
タイトル曲は天才PRINCEによるもので、ミネアポリス・ファンク・サウンドが炸裂するナンバー!
作品ページへ
 
Make It Last Forever
Close Window
Keith Sweat
キース・スウェットのデビュー・アルバムであり、80年代の後半、ブラック・ミュージックのムーブメントであるNew Jack Swing時代の名盤。
プロデューサーにはテディ・ライリーが参加。アルバムタイトル曲はバラードの名曲。
作品ページへ
 
Rapture
Close Window
Anita Baker
Chapter 8のヴォーカリストであったアニタ・ベイカーのセカンド・アルバム。
80年代中期のブラコン・ブームを代表する名盤。名バラード「Sweet Love」を収録。
プロデューサーは、旧友マイケル・J・パウエル。ジャズ的な雰囲気を持った作品。
作品ページへ
 
MY HOUSE
Close Window
Flo Rida
日本限定でパッケージになったアルバム。
フロアーキラーとなったヒット曲「アイ・ドント・ライク・イット、アイ・ラヴ・イット (feat.ロビン・シック&ヴァ―ダイン・ホワイト)」を含む全12曲。
作品ページへ
 
24K Magic
Close Window
Bruno Mars
ハワイ出身、現在のポップスシーンにおける大ヒットメロディーメーカー。
2016年末に発売されたサード・アルバム。本作には、タイトル曲を筆頭に、80年代のR&Bサウンドのエッセンスがたっぷりと詰まっている。
作品ページへ
 
Platinum Hits
Close Window
Jason Derulo
2009 年のメジャーデビュー以降、6 曲を全米シングルチャートのTOP10 に送り込み、世界を躍らせる“ハイパーポップ貴公子” ジェイソン・デルーロ、キャリア初のベストアルバム。
作品ページへ
 
Woman
Close Window
Justice
ダンス・ミュージックの[定義]と[潮流]を変えた、≪エド・バンガー≫最重要グループ、JUSTICE(ジャスティス)の5年ぶりとなるサード・アルバム。
作品ページへ
 
Dua Lipa
Close Window
Dua Lipa
UKより新星の如く現れた、コソボ出身21歳のデュア・リパ。満を持してのファースト・デビュー・アルバム。
サウンドは現在の潮流となるトロピカルEDM系。
作品ページへ
 
Giant Steps
Close Window
John Coltrane
1960年に発表したコルトレーンの代表作。同レーベルからリリースされている『My Favorite Things』と並ぶ人気作。
タイトル曲は、ハイテンポで音数の多いサックス・プレイが話題になった。
作品ページへ
 
Spectrum
Close Window
Billy Cobham
元祖手数王と言われた超絶ドラマーのビリー・コブハムが1973年に発表したソロ・アルバム。
後にDeep Purpleに参加するギタリストのTommy Bolin、80年代に人気米TVドラマ『マイアミ・バイス』の音楽を手掛けたJan Hammerが参加。
作品ページへ
 
Breezin'
Close Window
George Benson
ジャズ・ギタリストからヴォーカリストへ!
クインシー・ジョーンズのレーベルQWEST移籍後第1弾。フュージョンの名盤であり、ジョージ・ベンソンがヴォーカリストの道へ方向性を変えたターニング・ポイント的アルバム。
作品ページへ
 
Winelight
Close Window
Grover Washington Jr.
ビル・ウィザーズのヴォーカルをフィーチャーしたメロウチューンの大ヒット曲「クリスタルの恋人たち」(ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス)を含む歴史に残る傑作アルバム。本曲は、R&B/HIPHOP界で幾度もサンプリングに使われた名曲。
作品ページへ
 
Fandango
Close Window
Herb Alpert
A&Mレコードの副社長であり、名トランペッター。
一般的には『RISE』が大名盤であるが、本作収録の「Route 101」は、80年代某ウィスキーのTVCMに起用され大ヒット。
本人出演、心地良いシャッフルビートに転がるウィスキーの映像が印象的。
作品ページへ
 
Tutu
Close Window
Miles Davis
1986年に発表。古巣ソニーを離れワーナー移籍第1弾。
プロデューサーにはスーパー・ベーシストのマーカス・ミラーを迎えたクールなコンテンポラリー・アルバム。
話題としてはスクリッティ・ポリッティの「パーフェクト・ウェイ」のカバーを収録。
作品ページへ
 
Fourplay
Close Window
Fourplay
1991年に発表。フュージョン・シーンをリードする4人のトップ・ミュージシャン、ボブ・ジェームス、リー・リトナー、ネイサン・イースト、ハーヴィー・メイソンによるユニットの記念すべきデビュー・アルバム。
作品ページへ
 
Unity Band
Close Window
Pat Metheny
アコースティク、エレキ、ギター・シンセさらにはオーケストリオンまでを駆使し、名作「80/81」 から約30年をぶりにサックス(クリス・ポッター)がフューチャーされたアルバム。
作品ページへ
 
Dark Sky Island (Deluxe)
Close Window
Enya
「オリノコ・フロウ」「オンリー・タイム」などの大ヒット曲で知られる、アイルランド出身・世界最高峰の歌姫エンヤが2015年にリリースした通算8作目となるアルバム。
作品ページへ
 
Call Me Irresponsible
Close Window
Michael Bublé
数々のヒット作を手掛けてきた名プロデューサー、デイヴィット・フォスター曰く「唯一無二の声!」と絶賛したヴォーカリスト。
本作は2007年に発表したサード・アルバムとなり、全世界で1200万枚以上のセールスを記録。
作品ページへ
 
Closer
Close Window
Josh Groban
神が授けた癒しのスーパー・ヴォイスと称賛され、俳優としての活躍でも高い人気を誇るジョシュ・グローバン。
本作は名プロデューサー、デヴィッド・フォスターが手掛け、深みとまろやかさを増した歌声を届けてくれる。
作品ページへ
 
Live in San Francisco
Close Window
Ry Cooder & Corridos Famosos
音楽で世界中を旅するスライドギタリストの代表アーティスト、ライ・クーダー。
本作は、サンフランシスコのグレイト・アメリカン・アメリカン・シアターでの2夜に亘るライヴ・アルバム。
作品ページへ
 
私花集<アンソロジィ> (2016リマスター)
Close Window
さだまさし
1978年3月25日オリジナル発表作品。
「檸檬(れもん)」「案山子(かかし)」「秋桜(コスモス)」他、ヒット曲満載のソロ初期 の代表作を収録。
作品ページへ
 
SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition- <2015 REMIX>
Close Window
シュガー・ベイブ
山下達郎、大貫妙子を輩出し、今も時を越えて語り継がれるグループ、シュガー・ベイブ。
ナイアガラ・レーベルの第1弾作品であり、シュガー・ベイブ唯一のアルバム。
作品ページへ
 
BEST
Close Window
中森明菜
デビュー曲 「スローモーション」 から 「SOLITUDE」 までのシングル全13曲を収録し、大ヒットを記録した初のシングル・コレクション。
作品ページへ
 
THE SEPTEMBER WIND 九月の風〜通り過ぎた夏 <2017 Remaster>
Close Window
松岡直也&ウィシング
1982年に発表した初のベスト・アルバム。日本のインスト作品としては驚異的なベストセラーとなった作品。
タイトル曲はこのアルバムの為に書き下した新曲で、哀愁の松岡ラテンの神髄ともいうべき美しいバラード。
作品ページへ
 
Sensuous
Close Window
Cornelius
サウンド/ラウンド/サラウンド~デリーリアスでグラシアス。
小山田圭吾によるソロ・プロジェクト、CORNELIUSが2006年にリリースした『Sensuous』。
作品ページへ
 
THE SWINGIN' SIXTIES
Close Window
the brilliant green
デビュー15周年を迎え、2014年、ついにブリグリが4年ぶりに活動再開!
約4年ぶりとなる作品はセルフカバーベストアルバム!
作品ページへ
 
3
Close Window
キリンジ
キリンジの代表曲ともいうべき名曲「エイリアンズ」のほか「アルカディア」「グッデイ・グッバイ」「君の胸に抱かれたい」といったシングル曲が満載の3rdアルバム。
作品ページへ
 
UMA
Close Window
水曜日のカンパネラ
記念すべきメジャー1st EP。
「UMA」とは、謎の未確認動物を意味する Unidentified Mysterious Animalの頭文字から取られたもので、目撃例や噂はあるが、実在が確認されていない生物の総称。
全曲「UMA」がモチーフとなった楽曲を収録。
作品ページへ
 
ザ・ベスト・オブ・マエストロ〜アビイ・ロード・スタジオ新リマスターによる
Close Window
ヘルベルト・フォン・カラヤン
20世紀を代表したクラシック音楽界の巨匠、指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンの膨大な旧EMI系への録音から、幅広いファンの方にも馴染みある曲目を選曲。
カラヤンの世界にあらためて触れる音楽ファンにむけてのベスト盤。
作品ページへ
 
Brahms: The Symphonies
Close Window
Sir Simon Rattle
あくまでも重厚、どこまでも精緻。
多くの実演を経て、満を持して挑んだブラームス・レコーディング![録音] 2008年10月29日-11月14日、フィルハーモニー、ベルリン(ライヴ録音)
作品ページへ
 
Dvorák: Symphony No. 9 - Smetana: Die Moldau
Close Window
Herbert von Karajan
カラヤンが幾度も録音した得意の楽曲。
1957年11月に行なわれた、2度目の録音。
作品ページへ
 
Pure - Maria Callas
Close Window
Maria Callas
映画とも関連深い生涯を送ったカラスにちなんで「映画」に使われているオペラ・アリアをコンセプトにコンパイルされた、マリア・カラスの新ベスト盤。
作品ページへ
 

ROCK / POPS

Led Zeppelin IV (Remastered)
Fragile
Machine Head
The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars (2012 Remastered Version)
Hotel California
The Captain And Me
Deja Vu
Rumours
The Nightfly
Chicago 16
1984
Like A Virgin
Low-life
Time And Again: The Ultimate a-ha
The Smiths
Heartbeat City
Powerslave [2015 Remastered Edition]
Skid Row
Dookie
...And Out Come The Wolves (20th Anniversary Re-Issue)
Hybrid Theory
A Rush Of Blood To The Head
The Black Parade
Back To Bedlam
How Did We Get So Dark?

R&B

Green Onions
The Dock Of The Bay
Soul Finger
Live At The Fillmore West
Live
Killing Me Softly
Risque
We Are Family
Purple Rain Deluxe
I Feel For You
Make It Last Forever
Rapture
MY HOUSE
24K Magic
Platinum Hits
Woman
Dua Lipa

JAZZ&FUSION

Giant Steps
Spectrum
Breezin'
Winelight
Fandango
Tutu
Fourplay
Unity Band

その他

Dark Sky Island (Deluxe)
Call Me Irresponsible
Closer
Live in San Francisco

J-POP

私花集<アンソロジィ> (2016リマスター)
SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition- <2015 REMIX>
BEST
THE SEPTEMBER WIND 九月の風〜通り過ぎた夏 <2017 Remaster>
Sensuous
THE SWINGIN' SIXTIES
3
UMA

Classic

ザ・ベスト・オブ・マエストロ〜アビイ・ロード・スタジオ新リマスターによる
Brahms: The Symphonies
Dvorák: Symphony No. 9 - Smetana: Die Moldau
Pure - Maria Callas