groovers choice

新しいハープのスター登場!『風と愛~日本のハープ音楽80年』2017. 8. 30配信開始 2017.08.30
新しいハープのスター登場!

『風と愛 日本のハープ音楽80年』

中村愛(ハープ)

伊福部昭未発表曲から、ジュネーヴ国際コンクール作曲部門優勝で話題の藪田翔一の新作まで日本のハープ曲驚きの出現

 

 

作品紹介

 

 驚愕のアルバムの出現です。なんと伊福部昭、早坂文雄、清瀬保二がオリジナルのハープ曲を残していました。
日本人の手による最初のハープ曲である石田一郎の「牧歌」から、80年間の日本のハープ曲のうち、前衛的でなく美しいメロディに満ちたものの系譜を俯瞰します。
 注目は伊福部昭が映画「ビルマの竪琴」のために書いた5曲。凄まじいのが「斥候(コガネムシ)」。完全に伊福部ワールドで、重量感のあるオスティナート、fffのグリッサンドが渦を巻きます。映画中、音楽はみなフェードアウトしているため、初の完全録音の登場となります。さらに未使用ナンバーも日の目を見ます。これがまた伊福部調でファン狂喜。
 冬木透が人気時代劇「風」のために作曲したハープ・ナンバーを、今回の録音のために改訂。また、冬木編曲による「赤とんぼ」「もみじ」「グリーンスリーヴス」も貴重。「ウルトラセブン」と同時期の作で、「もみじ」の序奏には、円谷特撮サウンドがエコーします。
 もうひとつの注目は、友人の作曲家たちが、中村愛に捧げた新作。昨年11月に日本人として初めてジュネーヴ国際コンクール作曲部門で優勝して注目の藪田翔一の最新作を聴くことができます。まさに「小室サウンド」の美しくポップな曲で、癒されます。

 

【収録内容】

 

① 伊福部昭:ビルマの竪琴組曲 (1956)【No.4(未使用曲)/埴生の宿/荒城の月/斥候(コガネムシ)/仰げば尊し】
② 石田一郎:牧歌 (1936)
③ 福田幸彦(蘭童):映画「新道 前篇朱実の巻」より (1936)
④ 露木次男:花【月見草/三色すみれ/虞美人草】(1938)
⑤ 山田耕筰(冬木透編):赤とんぼ (1968)
⑥ 岡野貞一(冬木透編):もみじ (1968)
⑦ 雨田光平:初夏草心抄 (1948)
⑧ モルナール:さくら さくら (1960年代)
⑨ イギリス曲(冬木透編):グリーンスリーヴス (1968)
⑩ 清瀬保二:小品三章より第1曲 (1971)
⑪ 早坂文雄:雨月物語よりNo.13 (1953)
⑫ 伊福部昭:「ゴジラ対モスラ」~モスラ宇宙へ (1992)
⑬ 冬木透:かがりの風と愛/姉と弟 (1967/2015)
⑭ 平田智暁:アンティークの首飾り (2015)
⑮ 江原大介:ハープ・ドリームズ (2015)
⑯ 薮田翔一:セレーネ (2015)

[録音:2015年9月24日、10月19日、11月18日、2016年1月26日/キング関口台第1スタジオ]
DSD録音

【プロフィール】
中村愛
中村愛(なかむらめぐみ)

千葉県出身。4歳よりピアノを始め、12歳よりハープを始める。ハープをヨセフ・モルナール、木村茉莉、篠崎史子の各氏に、室内楽を故・島崎説子女史に師事。第9回大阪国際音楽コンクールハープ部門第3位。

2011年2月にはすみだトリフォニーホールにて初リサイタルを開催、好評を博す。ソロ・室内楽の演奏会を中心に、群馬交響楽団、ベトナム国立交響楽団、中国・武漢管弦楽団等と共演から、ブラス、オペラなどでの演奏活動も行う。最近は講演会や講義を行うなど、活動の幅を広げている。東京音楽大学大学院科目等履修修了。


■オフィシャル HP:https://meg-harp.amebaownd.com