groovers choice

「GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition」配信決定!! 2017.03.15
1958年11月27日東京都生まれ。
音楽家。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家、キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、ミキシングエンジニア、DJ。83年、宇都宮隆、木根尚登とTM NETWORK(のちのTMN)を結成し、84年に「金曜日のライオン」でデビュー。
同ユニットのリーダーとして、早くからその音楽的才能を開花。
93年にtrfを手がけたことがきっかけで、一気にプロデューサーとしてブレイクした。以後、篠原涼子、安室奈美恵、華原朋美、H Jungle With t、globeなど、自身が手がけたアーティストが次々にミリオンヒット。
2010年、作曲家としての活動を再開。AAA、森進一、北乃きい、超特急、SCANDAL、Tofubeats、超新星、SMAP、浜崎あゆみなど幅広いアーティストに楽曲を提供している。

 

 

GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition  

2017. 5. 3 release

GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition
  TM NETWORK
「GET WILD」30周年記念作品として、「GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition」が配信決定! さらに桃井はるこのカバーも収録!
TMデビュー33年目の本日よりiTunesプレオーダー&先行配信もスタート!


オリジナル「Get Wild」発売30周年を記念し、収録曲36曲全て「GET WILD」で構成されたTM NETWORK『GET WILD SONG MAFIA』が、オリコン週間アルバムランキング (4位※4/17付 / 8位※4/24付)でも2週連続でTOP10入りを果たし、各メディアやSNSなどでも取り上げられ話題となったが、 今回その収録曲の中からTM NETWORKがavex traxに所属してからの楽曲をまとめた「GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition」が、2017年5月3日にハイレゾでも配信されることが決定した。

2012年の再始動から発表されてきたライブ音源や新バージョンの「GET WILD」を中心に、Dave Rodgers やglobe、Purple Daysなどのカバー、そして『GET WILD SONG MAFIA』にも収録され、配信が熱望された石野卓球やSICK INDIVIDUALSのリミックスも今回初配信されることとなった。
さらに注目すべきなのが、「アキバ系」文化の牽引者的存在で声優、音楽プロデューサーとしても活躍する桃井はるこの「Get Wild」カバーも今回初配信となる。

この他にもこれまで未配信だったDave Rodgers の「Get Wild (GET WILD MEETS TECHNO STYLE Version) 」や、6月にアナログでリリースされる石野卓球の「GET WILD(Takkyu Ishino Latino Remix)」も先行して配信されるなど、アルバム『GET WILD SONG MAFIA』とはまた違った内容となった今作。

今回の「GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition」は、avex関連の楽曲だけを集めた作品ではあるものの、22曲/3時間を超える内容となっているので是非ともチェックしていただきたい。
<収録内容>
M1: Get Wild (“Incubation Period” Version)
M2: Get Wild (“FINAL MISSION -START investigation-” Version)
M3: GET WILD (2013 SUMMER) 
M4: Get Wild 2014
M5: Get Wild 2014 (“the beginning of the end” Version)
M6: Get Wild 2014 (“30th 1984~ QUIT30” Version)
M7: Get Wild 2014 (“QUIT30 HUGE DATA” Version)
M8: Get Wild 2015 -HUGE DATA-
M9: Get Wild 2015 (“30th FINAL” Version)
M10: Get Wild / Dave Rodgers
M11: Get Wild (GET WILD MEETS TECHNO STYLE Version) / Dave Rodgers
M12: Get Wild / 桃井はるこ
M13: Get Wild / globe
M14: Get Wild / Purple Days
M15: GET WILD '89 [2012/8/11 FREEDOMMUNE 0] / TETSUYA KOMURO
M16: Get Wild(Metal Machine mix)/ globe
M17: Get Wild (2016 Remode2)  / globe
M18: GET WILD 2017 TK REMIX
M19: GET WILD (Takkyu Ishino Latino Acid Remix)
M20: GET WILD (SICK INDIVIDUALS Remix)
M21: GET WILD (Dave Rodgers Remix)
M22: GET WILD(Takkyu Ishino Latino Remix)

 

 

Tetsuya Komuro JOBS#1

作品ページへ

 

2017.3.15 release

Tetsuya Komuro JOBS#1
play カート
  Tetsuya Komuro
職業、音楽家 —
ちりばめられた点と点を線に結ぶ最新アルバム
それは必要とする想いに応えたアラカルトの集合体


約3年ぶりの小室哲哉ソロアルバムの新シリーズ第1弾。
近年のソロワークを中心に、アーティストとの夢のコラボレーション楽曲や番組テーマソング、CMタイアップソング、さらには近年国内外で披露された楽曲やロンドンで制作された最新楽曲も収録。

神田沙也加(TRUSTRICK)やtofubeatsとコラボした「#RUN」、音楽番組を発端にヒャダインと共作した「22世紀への架け橋」、高田賢三氏の新たなブランドTVCMソングでシンガーソングライターの大森靖子とコラボした「rêver」、さらにつんく♂・May J.と世界に向けて作り上げ今回アルバム用にリアレンジされた「Have Dreams! tk piano mix」を収録。

同時配信:Tetsuya Komuro JOBS#1 (INSTRUMENTAL)
M01: Can You Celebrate? Art Mix(新曲)
M02: RAISE UR HAND(新曲)
M03: Have Dreams! tk piano mix / Tetsuya Komuro × Tsunku♂ feat. May J.(NHKワールド「J-MELO」2016年度オープニングテーマ)
M04: #RUN / 小室哲哉 feat. 神田沙也加(TRUSTRICK) & tofubeats(競馬エンターテインメントサイト「Umabi」テーマソング)
M05: maze(新曲)
M06: HERE WITHOUT YOU(新曲)
M07: rêver / feat. 大森靖子(新曲)(ファッションブランド「SEPT PREMIÈRES by Kenzo Takada」TVCMソング)
M08: a new lease on life(J SPORTS 15/16イングランドプレミアリーグ中継エンディングテーマ)
M09: BLUE OCEAN(TFM『blue ocean』テーマソング)
M10: one more run(新曲)(エイベックス・チャレンジド・アスリートPR映像「欲望に翼を」高桑早生編)
M11: Song for ALPINE SKI WORLD CUP 2016(新曲)(アウディFISアルペンスキーワールドカップ2016湯沢苗場大会公式テーマソング)
M12: STILL BREATHING(新曲)
M13: Sound of Scalar Fields additional piano mix(新曲)
M14: 22世紀への架け橋 / 小室哲哉vsヒャダイン
M15: NOW1#2017(リアレンジ)(フジテレビ「みんなのKEIBA」テーマ曲)

 

 

more+ Smoothnote_label