groovers choice

ロバート・グラスパーにみる+JAZZ周辺の音楽特集 2017.06.07
sub-title left ロバート・グラスパー: sub-title right
  1978年4月6日、テキサス州ヒューストン生まれ。

ピアニスト、作編曲家。母親の影響で、一家が住む教会でピアノを弾き、ゴスペルやジャズ、ブルースといった音楽に触れる。青年期に入り、ヒューストンの有名なハイスクール・フォー・ザ・パフォーミング・アーツへ入学。卒業後、マンハッタンのニュー・スクール・ユニヴァーシティに入学。在学中にクリスチャン・マクブライド、ラッセル・マローン、ケニー・ギャレットなどとギグを行う。その後、ニコラス・ペイトン、ロイ・ハーグローヴ、テレンス・ブランチャード、カーメン・ランディ、カーリー・サイモン、ビラル、Qティップ、モス・デフなど、ジャズ~ヒップ・ホップまで幅広い分野の面々と共演する。 2003年、デビュー・アルバム『モード』(フレッシュ・サウンド・ニュー・タレント)をリリース。 2005年、ブルーノートと契約。同年、移籍第1弾『キャンバス』をリリースし、ジャズやゴスペル、ヒップホップ、R&B、オルタナティブなロックなどのエッセンスを取り入れた革新的なスタイルで、各方面から高い評価を得る。 2007年、ジャズとヒップホップを結びつける究極のピアノ・トリオ作『イン・マイ・エレメント』を発表し、ブルーノートの新世代ピアニストとしてさらに注目を浴びる。2009年、よりアコースティック志向の“トリオ”とよりヒップホップ志向の“エクスペリメント”の自身が推進する2つのバンドを1枚に集約した、グラスパー本来の姿を投影した話題作『ダブル・ブックド』を発表し、グラミー賞にもノミネートされた。
そして2012初の”エクスペリメント”のみで構成された『ブラック・レディオ』を発表する。
(参考作品:『Black Radio 2(Deluxe)』配信中)

(メーカー・インフォメーションより)

ジャズを中心にR&B、ヒップホップ、ゴスペル、オルタナティブロックなど、あらゆるサウンド・エッセンスを加え縦横無尽に繰り広げるアルバムをご紹介!!
 
   
Final Definition

Groovy Nights

View Detail
 
Final Definition

Final Definition

View Detail
 
The Second

The Second

View Detail
           
                 
UPRISING

UPRISING

View Detail
   
ArtScience

ArtScience

View Detail
#MyNameisJoeThomas

#MyNameisJoe Thomas

View Detail
 
Love In A Time Of Madness

Love In A Time Of Madness

View Detail
       
Parking Lot Symphony

Parking Lot Symphony

View Detail
   
MAN ABOUT TOWN

MAN ABOUT TOWN

View Detail
 
Starboy

Starboy

View Detail
 
   
In My Mind

In My Mind

View Detail
 
To Pimp A Butterfly

To Pimp A Butterfly

View Detail
 
Black America Again

Black America Again

View Detail