レーベル OMF ジャンル Classical スペック FLAC96kHz/24bit 配信日 2017.12.01 再生時間 01:00:34
作品紹介
No. タイトル アーティスト Credit 再生時間 単曲金額(税込)
作品紹介

~テノール歌手、福井敬の新たなる境地!今一番刺激的な古楽アンサンブル、アントネッロと紡ぐ初期バロックの世界~

言うまでもなく福井敬は、日本を代表するテノールのひとりである。華やかなオペラの舞台からリート、日本のうたまで、そのレパートリーは広く、表現は深い。
そんな福井敬が、初期バロックの名曲を録音した。ワーグナーやヴェルディの大曲で見知っている福井敬の、別の顔に出会える素敵なアルバムだ。福井敬独特の、よく響き、甘く、ちょっと切なく、でもあくまでも端正な声が、アントネッロという今いちばん旬な古楽アンサンブルに支えられ、刺激されて、融通無碍に飛翔する。教室のお手本のような古典歌曲ではなく、「バロック」のスリリングな美を、文字通り「体感」させてくれるディスクである。ほんと、痺れます。(加藤 浩子)

■レコーディング
2017年1月2日-3日(栃木県 岩舟文化会館)

■福井敬
国立音楽大学及び同大学院修了。文化庁在外派遣等により渡伊。イタリア声楽コンコルソミラノ大賞(第1位)、芸術選奨文部大臣賞新人賞、五島記念文化賞オペラ新人賞、ジロー・オペラ新人賞及びオペラ賞、出光音楽賞、エクソンモービル音楽賞本賞、等受賞多数。
二期会「ラ・ボエーム」ロドルフォ役での鮮烈デビュー以来、新国立劇場「ローエングリン」「トスカ」「罪と罰」等、びわ湖ホール「ドン・カルロ」「スティッフェーリオ」「こびと」等、藤沢市民オペラ「道化師」「魔笛」等、二期会「カルメン」「蝶々夫人」「ファウストの劫罰」等数々のオペラに主演。特に「トゥーランドット」カラフ役は様々なプロダクションで絶大な称賛を得ている。
近年では二期会「オテロ」「パルジファル」「ホフマン物語」「ダナエの愛」、びわ湖&神奈川県民ホール「アイーダ」「タンホイザー」「椿姫」「ワルキューレ」「リゴレット」「オテロ」「さまよえるオランダ人」、兵庫県立芸術文化センター「トスカ」等で、英雄的かつノーブルな存在感、深い苦悩の表現で観客を魅了している。
ソリストとしてもウィーン・フィルを始めさまざまなオーケストラと共演。小澤征爾、ズービン・メータ等、国際的指揮者から厚い信頼を得ている。またオリジナリティ溢れるリサイタルにおいても彼の世界観に多くの人が共感し続けている。国立音楽大学教授。東京芸術大学非常勤講師。二期会会員。

関連作品