オーケストラで聴く ミュージカル・ベスト・コレクション
レーベル S2S Inc. ジャンル World スペック FLAC96kHz/24bit 配信日 2017.02.18 再生時間 00:54:28
作品紹介
No. タイトル アーティスト Credit 再生時間 単曲金額(税込)
作品紹介

往年の名曲が目白押し!豪華なストリングス・オーケストラによる、ミュージカル作品集 ポール・モーリア、マントヴァー二と並びイージーリスニング界を代表するグループである101ストリングス・オーケストラによる、ミュージカルのヒットナンバーをセレクトしたコンピレーションが登場! ’57年にドイツのハンブルクでプロデューサー/エンジニアのデヴィッド・ミラーによって結成された101ストリングス・オーケストラは、全世界で5000万枚以上の売り上げを誇る古くからのポピュラー音楽ファンにはよく知られた存在の楽団。ライヴ活動を一切行わず録音に徹するというスタイルを貫いており、映画音楽、ポップス、ジャズ、カントリー、ラテン等多岐にわたるジャンルのスタンダード・ナンバーやヒット曲を、名前の通りの大編成ストリングスによる演奏を中心に、その時々の演奏者、編曲者によって様々なジャンル、スタイル、楽器編成でカヴァーし発表している。今も楽団はフロリダとNYを拠点として存続しており、古き良き語り継がれるべき楽曲を現代のテーマをもって発表する事に挑み続けている、現在進行形のオーケストラである。 ミュージカルは舞台で上映されるだけでなく、映画としても数多くのミュージカル作品が存在しており、ミュージカルから生まれたヒットソングも多い。当アルバムには、コール・ポーター、アンドリュー・ロイド・ウェバー、ブロードウェイに一時代を築いた作詞・作曲家コンビ、アラン・J・ラーナー&フレデリック・ロウやリチャード・ロジャース&オスカー・ハマースタイン二世といった偉大な作曲家による作品など、60年代のミュージカルの黄金時代を中心に、人々に愛され続けているナンバーが並んでいる。 録音は’68~’72年。詳しいクレジットは残されていないが、101ストリングス・オーケストラには、ロンドン交響楽団やハンブルク交響楽団といったヨーロッパの有名指揮者やアレンジャー、プレイヤー達も多く参加していたという。プロフェッショナル集団による素晴らしいアレンジや煌びやかな演奏は、原曲の良さを引き出し、新たな息を吹き込んでいる。今聴いても全く色あせることなく、むしろ新鮮さを感じるほどである。   特にオススメは、冒頭のアコーディオンの音色から一気にタイムスリップしたかのようなノルタルジックな気分を味わえる、2曲目「ムーラン・ルージュの歌 」、シンプルかつ印象的なアレンジによる演奏で楽しめる、世界的なヒットナンバー、7曲目「キャッツ」、序盤はピアノがフューチャーされ、中盤からはストリングスを中心に壮大なサウンドが心地良い、13曲目「すべての山に登れ」。 人気の高いミュージカルナンバーを、センス溢れるアレンジ&大編成ストリングス・サウンドで堪能できる、オススメの1枚。 ※古いアーカイブになりますので、アナログマスターに起因するノイズが多く含まれております。あらかじめご了承下さい。

関連作品